相続での骨董品の評価はどうする?

相続が起きたときは故人の持ち物は基本的にすべて遺産となります。
それはそのまま相続人同士で分けあって終了というわけではなく、まずは一度遺産が合計いくらあるのかを計算しないといけません。
その金額によっては相続税もかかります。
これら対応は相続人が責任をもって行う必要があるため、故人が残した遺産が現金にしていくらの価値があるのか評価していくのです。
このときの対応で悩みやすいのが骨董品の評価です。

壺や茶わん、掛け軸など骨董品は一部の方から人気がありますよね。
故人がこのような骨董品を持っていた場合はそれも遺産になります。
そのためその骨董品の評価も行う必要があるのです。

このときの方法は専門家に鑑定を依頼し、評価額を出してもらうという方法になります。
専門家がその骨董品の価値を100万円と判断したら、故人の遺産の総額に100万円をプラスするのです。
もし1000万円だと評価されたら故人の遺産の総額が1000万円増えることになります。

基本的に専門家の出した鑑定額をそのまま採用する形になるため、依頼さえすれば対応は簡単です。
ただこのときに鑑定料がかかります。
これは遺族が自費で負担する必要があるのです。
あとでこのときにかかった費用を、相続税の計算のためにかかった経費として遺産の総額や相続税の金額から控除するといったこともできません。

そのため遺族にとってはやや損となる出費ですから、できればこれら鑑定をせずに骨董品の評価をする方法がないか知りたいでしょう。
これについてその骨董品の評価を個別にきちんと出したいときは、その他の方法はないのが現状です。
骨董品の評価は一般人には難しいため、これの評価をするときは専門家の鑑定を受けるように定められています。

ですからもし故人が残した骨董品の評価をやる必要が出たら専門家に依頼してください。
ただ、そのような個別の評価が必要と思われる骨董品と、そうでない骨董品があります。
もし評価が必要ないと思われる場合は専門家に鑑定を依頼するといった対応は必要なく、鑑定料も不要となります。

個別の評価が必要ない骨董品とは一般的にあまり価値がないと思われるものです。
買値が非常に安かったり、世間的にほとんど無名だったりするものはその骨董品単体で高値がつく可能性も低いため、必ずしも個別の評価を必要としないこともあります。
そのような骨董品は家財の1つとして扱い、専門家の鑑定を受けずに評価をしても問題ありません。
相続が起きたときの骨董品の評価は、その品物に高値がつきそうかどうかで判断するといいでしょう。