相続税と延納に関する例とは?延納と一括選ぶならどっち?

相続税を一括納付できない場合に利用する延納。
延納は相続税を分割で支払っていくことが可能な制度です。
現在は相続税の延納を申請する人が多いと言われていて、中には親だけでなく兄弟の財産を相続してしまい、多額の相続税を支払わなくてはならなくなったという例もあります。
そこで、相続税に関するさまざまな例について見ていきたいと思います。

・多額の相続税を支払うことになった例もある
相続税を課せられてしまった人の中には、多額の財産を相続したとして相続税がかなり高くなってしまう例もあるようです。
兄弟が亡くなり、その兄弟には奥さんも子供もおらず、両親もいなくて兄弟である自分が相続人になってしまったという例では、不動産を売却するのではなく延納の申請をして数十年かけて相続税を納付したそうです。

・延納の利子税が付くのは未払い分だけ?
延納をすることは国にお金を借りているのと同じで、毎月クレジットカード会社や金融機関などに返済をしていくのと同じことです。
利子税が発生するのは相続税の未払い分だけの計算となります。
多額の相続税を課せられたときは延納で返済していくだけなのですが、条件が厳しすぎてなかなか審査が通らないという例もあるようです。
相続税については延納の申請をすることは簡単なのですが、担保として国が定める不動産を用意したり、利子がつくことを考えると一部の不動産を売却したほうがいいのではないかと考える人も少なくありません。
また、中には金融機関でお金を借りて、相続税を支払ったほうがいいのではないかと考える人もいるようです。

このように相続税に関しては多くの人が困惑してしまったり、納付できない、延納を却下されたという人も多いです。
相続した財産の不動産により得られる収入が多くて、期間ギリギリでも一括で支払える当てがあるのであれば、延納の申請をする必要はないと考えられますが、一括で支払える当てがないという場合であれば延納をして分割で納付していった方がいいと思います。