相続税を延納してもらうための4つの条件って?

相続税の延納を申請すれば、相続税を分割で支払っていくことが出来ます。
しかし、申請が許可されるにはいくつもの条件を満たしている必要があります。
この条件をクリアしていない場合は申請の許可が下りず、相続税を一括で支払わなければならなくなるので注意しましょう。
そこで、相続税の延納に関する条件について見ていきたいと思います。

・相続税の延納を許可してもらうために必要な条件とは?
相続税の延納を許可してもらうためには、以下の条件をすべてクリアしなければなりません。
これらの条件がクリアできないと、相続税の申請許可は出ないので詳しく見ていきましょう。

【条件その?】相続税の額が10万円を超えること。
相続税の額が10万円を超えてしまう場合、一括で支払うことが出来ないことも考えられます。
中には、生活していくのがやっとで、相続税として支払うお金がないという人もいます。
仮に、相続税の額が10万円以下の場合は、延納申請が通らないので注意しましょう。

【条件その?】支払えない理由と限度額。
相続税を一括で支払えない理由として、金銭で納付することが困難であると認められた場合に、申請の許可をしてもらうことは可能です。
また、延納の上限額までの範囲である場合に、申請を許可してもらえることもあります。

【条件その?】担保の提供。
100万円以下かつ3年以下で支払える場合は無担保でも延納は可能ですが、それを超える場合は国税庁が定める担保を用意しなければなりません。
仮に、担保として認められる不動産を用意できない場合、許可が下りたとしても3年で100万円以下の相続税を支払わなければなりません。

【条件その?】延納申請に必要な書類を提出する。
延納をしようとする相続税の納付期限または納付日までに、延納申請書に担保を提供する関係書類を添付して税務署に提出しなければならないとされています。
仮に、この期日までに必要な書類を用意できない場合は、申請の許可が下りなくなるので注意しましょう。