相続での骨董品の評価はどうする?

相続が起きたときは故人の持ち物は基本的にすべて遺産となります。
それはそのまま相続人同士で分けあって終了というわけではなく、まずは一度遺産が合計いくらあるのかを計算しないといけません。
その金額によっては相続税もかかります。
これら対応は相続人が責任をもって行う必要があるため、故人が残した遺産が現金にしていくらの価値があるのか評価していくのです。
このときの対応で悩みやすいのが骨董品の評価です。

Continue reading “相続での骨董品の評価はどうする?”